Blog
  • HOME
  • Blog
  • 家づくりを始めた人に知ってほしい日本の断熱性能の事実

Blog

家づくりを始めた人に知ってほしい日本の断熱性能の事実2024.01.31

家づくりを始めた人に知ってほしい日本の断熱性能の事実

日本の住宅の断熱性能は、先進国で最下位レベル
びっくりされる方が多い事実です。
日本は技術も高いので、住宅の性能も高いと思われています。
残念なことに違います。
まずは下の表を見てください。

この表は、2021年時点の断熱性能に関して国ごとの基準を比較したものです。
表の下にある国が、断熱性能が高い国です。

国別UA値

出典:“国土交通省. 今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方(第三次答申)及び建築基準制度のあり方(第四次答申)について. 令和4年2月1日 報道発表資料の参考資料集P35を参照し作成

縦のグラフ0.0~1.0の数字は、UA値です。
UA値とは断熱性を数値で表したものです。
数値が小さいほど断熱性能に優れています。

UA値については、こちらの記事でめちゃくちゃ簡単に分かりやすく説明しています。
UA値って何?2024.01.11UA値って何?

横のグラフ0~5,000の数字は暖房デグリーデーです。
数値が大きいほど暖房が必要となる期間が長く、数値が小さいほど暖房が必要ないということを表します。

住宅の断熱性能が高い国は、イタリア・イギリス・ドイツ。この図には載っていませんが、フランスやスウェーデンも断熱性能が高い国です。
欧州が多いですね。中でもドイツとイギリスは最高クラス。

日本はどうですか?
ぶっちぎりで一番上にありますね。いかに日本の断熱性能が低いかがよく分かります。
地理的にも近い韓国よりも性能が低いですね。

欧州の家はなぜ暖かい?

欧州には「人が一定以上の暖かい家で生活することは、基本的な人権である」
という思想があります。
その思想から一戸建て賃貸を問わず、住宅には法令で室温規制が定められています。

この室温規制を簡単にご説明します。
人が室内で健康にすごせる理想の温度は21~23℃。
だから、この室温になるような住宅にしてください。最低でも18℃を下回らないようにしてください。
18℃以上の室温を維持できない建物は法令違反になります。(国によって温度の違いあり)

違反した住宅は建てられない、賃貸だと人に貸せないので改修や取り壊しになる厳しい法令です。
そのため、欧州では断熱材の厚さも義務付けられていて、しっかりと断熱性能が高い住宅が建てられているんですね。
ちなみに、室温の維持はリビングだけじゃなくて、廊下やトイレ、お風呂場も含みます。

18℃を下回る部屋で過ごすリスク

人が18℃より下の室温ですごしていると、病気になるリスクが増えていきます。

・16℃未満:呼吸器系疾患に影響が出始める
・12℃~9℃:血圧の上昇、心臓血管疾患のリスク
・5℃:低体温症を起こす

部屋の寒さは、肺を冷やし、血圧を上昇させます。
病気への抵抗力が下がり、肺感染症のリスクが増大。
部屋の中で低体温症になることはまずないでしょうが、肺炎、心筋梗塞など死亡リスクの高い病気を引き起こす可能性が出てきます。

日本の住宅の断熱性能

日本には欧州みたいな室温規制がありません。
さらに、断熱材に関しても義務化されていません。
そのため、家の中が暖かろうが寒かろうが家は建てられます。
断熱材をまったく使わなくても違法になりません。
極端な言い方をすると、寒冷地域だとしてもスカスカの断熱材の家でも問題なく建てられるのが現状なんです。

規制も義務もないので、ハウスメーカーや工務店によって断熱性能がまちまちなんです。

ベルズワークスの断熱性能

ベルズワークスが建てる家の断熱性能は、最低でも欧州レベル。
最高はドイツと同等です。
家の構造に合わせて適切な場所に、品質の高い断熱材を使用することで、高い断熱性能を可能にしています。

詳しい内容はこちらの記事で話しています。
夏でも冬でも快適に過ごす「断熱」の重要なお話!2023.10.19夏でも冬でも快適に過ごす「断熱」の重要なお話!

最後に

エアコンを消したら、あっという間に部屋が寒くなる。
だから、エアコンは高めの温度でずっとつけておきたいけど光熱費が高い。
光熱費の高騰で、暖房器具をつけたいけど我慢して控える人が増えています。
それにより体調を崩す方も増えているそうです。

部屋の暑さ寒さは、環境によるストレスといいます。
人の身体に負荷をかけ続けストレスを感じさせます。
怖いことにこの環境によるストレスは、自覚しにくく、しらずしらずのうちに自律神経が乱れて体調不良になってしまうことがあります。

最近、変に疲れていませんか?
もしかしたら、その疲れは部屋の寒さから来てるのかもしれませんよ。

断熱性能は、どの工務店も当たり前にしっかりしてくれるものと過信せずにちゃんと気にしてください。
そして、たとえ予算の問題で何かを減らすことになっても断熱性能だけはケチらないほうがいいですよ!

断熱性能について相談してみたい方、ベルズワークスでは無料個別相談を随時実施しています。
いつでもお気軽にお申し込みください。直接の営業(訪問や電話)は行っておりませんので安心してください!

投稿者:Bell's Works

一覧へ戻る